通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ケト-エノール互変異性

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:ケト・エノール・ごへんいせい
外語:Keto-Enol-Tautomerism 英語
品詞:名詞
2005/11/04 更新

ケトンアルデヒドエノールの間で相互変換するような平衡。

多くの化合物ではエノール体よりもケト体(ケトンやアルデヒド)の方が安定であり、よってその平衡はケト体に偏っている。

平衡状態
平衡状態

しかし、エノール体の方が分子として安定であるならば、ケト体でなくエノール体として存在することもある。例えば、フェノールではベンゼン環構造が安定なため、ケト体は取らない。

この変異があるため、カルボニル位の隣にある炭素上の水素(α水素という)は酸性である(水より強い酸とは限らない)。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01c (3-Aug-2016)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club