通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

スレッショルド電圧

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:スレッショルドでんあつ
外語:threshold voltage 英語
品詞:名詞
2001/04/12 作成
2012/11/10 更新

ディジタル回路のHとLの境目の電圧のこと。時々、スレッシュホールド電圧とも書かれる。

目次

ディジタルICの入力がこの電圧以上の場合、そのICは論理「H」、この電圧以下の場合、論理「L」と認識する。

TTLの場合はおよそ1V、CMOSの場合はVDD÷2程度(VDD電源電圧)である。

但し、スレッショルド電圧は、ICによって個体差がある。

そこでメーカーは、「絶対にLと認識する電圧」と「絶対にHと認識する電圧」をICの仕様書として公開しているので、それを参照する必要がある。

実際にICを使う場合は、スレッショルド電圧を基準に、安全な電圧を用いることになる。

  • TTLレベル

    0.8V以下を論理L、2.0V以上を論理Hとして扱うのが一般的である。

  • CMOSレベル

    VDD×1/3以下で論理L、VDD×2/3以上で論理Hとする(VDDは電源電圧)。

  • LVTTLレベル

    0.8V以下を論理L、2.0V以上を論理Hとして扱うのが一般的である。

  • LVCMOSレベル

    VDDの10%以下で論理L、VDDの90%以上で論理Hとする(VDDは電源電圧)。

ちなみにシュミット・トリガー・ゲートの場合はスレッショルド電圧が上下二つあり、この電圧を境として独特の出力動作をする。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club