通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ダーク・フロー

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ダーク・フロー
外語:dark flow 英語
品詞:名詞
2012/01/25 作成

多くの銀河団に共通して見られるとする運動。暗黒流動。

宇宙背景放射を基準とし、ハッブルの法則から導かれる銀河団の運動の予測と、実際の観測で確認される銀河団の運動との差異をいう。

銀河団は遠方であることから通常の観測は困難なため、スペクトル観測から得られる理論値と観測地のズレ(ドップラーシフト)から視線方向への運動のみが観測されている。

この条件でも、宇宙背景放射は満遍なく存在するわけではなく濃淡がある(非等方)ため、これら銀河団の運動方向はそれに対応してランダムでなければ理論と合致しない。ところが、観測では同じような方向へと移動していることが見出されるとしている。

この、正体の定かではない銀河団の流動を、ダーク・フローという。

方向

ダーク・フローとされる流動は、ケンタウルス座ほ座の方向に向かって流れているとされている。この方向はグレート・アトラクターの方向に近いが、それとは異なる。

グレート・アトラクターの場合、2億光年ほどの距離にある「じょうぎ座銀河団(Abell 3627)」に向かうと考えられているが、ダーク・フローの引力の元はそれよりも更に遠方と見られる。

グレート・アトラクターも含めて、多くの銀河団がその方向へと流動している可能性がある。

仮説

原因は定かではないが、数百個もの銀河団が同じ方向に移動する以上、その方向に巨大な重力場が存在するだろうことは疑う余地が無い。

グレート・アトラクターのような巨大な重力がさらに遠方に存在すると考えられる。

しかし中には飛び抜けた珍論を出す学者もあり、「宇宙の外側にある物質の重力に引き寄せられている」などという理論もあった。しかし超新星の観測や分析による研究結果により「宇宙の外からの力」は否定され、宇宙内にあるまだ未観測の何らかの引力であるとされた。

関連する用語
グレート・アトラクター

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club