通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チミン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:チミン
外語:T: Thymine 英語
品詞:名詞
2001/11/05 作成
2007/05/04 更新

核酸塩基の一つで、ピリミジン塩基の一つ。DNAのみにある。

  • 分子式: C5H6N2O2
  • 分子量: 126.11
  • 融点: 316℃〜317℃
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 65-71-4
  • 化学名:
    • 5-Methyluracil
    • 2,4-dioxy-5-methyl pyrimidine

チミン
チミン

常温常圧で白から灰白色の結晶性粉末。

誘導体、関連物質の例

DNAではアデニン(A)と相補的な関係を持っている。

RNAではチミンの代わりにウラシル(U)となる。

物質の特徴
ピリミジン塩基
核酸
関連する物質
DNA
アデニン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club