通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

光学異性体

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:こうがくいせいたい
外語:enantiomer 英語 , antipod/o エスペラント
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

立体異性体の一種。鏡像異性体、エナンチオマーともいう。一般に、二つある異性体はD体とL体と呼び分ける。

不斉炭素をもつ化合物などで、互いに鏡像関係にある1対の異性体分子のこと。光学異性を持つ化合物をキラル(chiral)、持たない化合物をアキラル(achiral)な分子と呼ぶ。

D-グルタミン酸とL-グルタミン酸のように、お互いを重ね合わせることができない鏡像体のことをいう。

例えば自分の手で考える。両手を顔の前に上げ手のひらを自分に向ける.この時小指と小指の間に線があったとすると、右手と左手はその線対称になってみえる。こういった鏡像関係の配置の分子は重ね合わせることができず、異性体になる。このような対称構造をもった分子の異性体を光学異性体または鏡像異性体という。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club