通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大前庭腺液

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官物質編 (BBORGS)
読み:だい・ぜんてい・せん・えき
品詞:名詞
2001/05/25 作成
2014/11/02 更新

膣口の両端にある一対の大前庭腺(バルトリン腺)より出る粘液。バルトリン腺液。

雌が性的に興奮すると、ここから乳白色の粘液を分泌して膣口周囲を湿らせ、雄の性器が挿入されやすいようにする。この時の粘液が大前庭腺液(バルトリン腺液)である。

多くの動物は手を使うことができないため、このように手の使えない動物であっても、液の潤滑効果によってすんなり挿入できるようにしている。

関連する器官
大前庭腺
関連する用語
尿道球腺液
性交

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club