通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大陸移動説

辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:たいりく・いどうせつ
外語:continental drift theory 英語
品詞:名詞
2014/06/22 作成

地球大陸は、移動して位置や形状を変化させるとする説。

目次

地球表面は十数枚のプレート(厚さはおよそ100km)と呼ばれる岩盤で覆われている。このプレートは年間に数cmという速度で一定方向に移動しており、これによって、短期的には火山の噴火や地震、数億年規模の長期的な期間で見ると大陸の移動などを起こす。

大陸の移動により、不定期に複数の大陸が繋がる「超大陸」を作り、またやがて分裂する。

プレートの移動の学説「プレートテクトニクス」の研究により、大陸移動は説ではなく事実であると考えられるようになっている。

次のような歴史があると考えられている。

  1. 超大陸 ローレンシア大陸(ヌーナ大陸) (約19億年前)
  2. 超大陸 ロディニア大陸 (10億年前)
  3. 超大陸 ゴンドワナ大陸 (6億年前)
  4. 超大陸 ローラシア大陸 (3億年前)
  5. 超大陸 パンゲア大陸 (2億年前)
  6. パンゲア大陸が分裂し、現在の六大陸となる。
関連する用語
プレートテクトニクス
大陸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club