通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

暗黒銀河

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:あんこくぎんが
外語:dark galaxy 英語
品詞:名詞
2015/06/28 作成
2015/07/04 更新

恒星を殆どまたは全く含まないため暗いが、暗黒物質(ダークマター)により質量が支えられている天体

目次

恒星が(殆ど)ないため、光で観測した場合は非常に小さくまたは淡くしか見ることができないが、その大きさは銀河系並に広がっているものをいう。

銀河が形成された後、何らかの理由によって星形成のための物質(ガスなど)が失われ、恒星が作られなかった天体であると考えられている。

架空の存在として候補天体が幾つか存在したが、実際に存在が判明したのは2014(平成26)年頃である。

多数発見され分布も明らかになったのは2015(平成27)年6月で、ニューヨーク州立大学および国立天文台の研究者などの研究チームがすばる望遠鏡アーカイブのデータを解析した結果、854個もの「超暗黒銀河」を検出したとアメリカ天文学会の天体物理学誌Astrophysicsで発表されたものが初である。

超暗黒銀河とされる暗黒銀河は、銀河団の中心部に多く、銀河団の外側に向かうにつれて減っていくことが判明したとされている。

関連する用語
銀河
銀河団

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club