通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

石 (俗語)

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:いし
読み:せき
品詞:名詞
1998/04/25 作成
2014/04/16 更新

トランジスタの別称。

トランジスタを石と呼び始めたのは、三田無線の茨木悟である。

日本で初めてトランジスタラジオを発明した東京通信工業(東通工、現在のソニーの前身)の井深大(創業者であり当時の社長)らと、三田無線の茨木悟らがトランジスタとゲルマニウムダイオードの披露会に出席した際、トランジスタの呼称として茨木が提案したものが使われるようになった。

一方のダイオードは、将来物品税の対象にならないようにとの配慮から、石数に入れないようにしたと言われている。

関連する用語
トランジスタ
ダイオード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club