通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

石綿

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・鉱物編 (NSUBNM)
読み:いしわた
読み:せきめん
外語:asbestos 英語 , Ishiwata 英語 , asbest/o エスペラント
品詞:名詞
2006/09/13 更新

アスベスト。蛇紋岩などが変化した、繊維状の鉱物

鉱物であるため、様々な種類がある。全形態のCAS番号は1332-21-4。

常温常圧では、淡緑灰色あるいは白色の繊維状形態の鉱物。結晶質。

白石綿(クリソタイル)

蛇紋石から得られる石綿で、最も一般的なもの。

分子式の一例がMg3(Si2O5)(OH)4。CAS番号12001-29-5、ICSC番号0014。

この石綿は、一般に有害であると考えられているが、今もなお有害ではないとする論もある。いずれにせよ規制の方向で、遠からず世界中で使われなくなるだろう。

茶石綿(アモサイト)

グリュネライト(グリュネ閃石)から得られる石綿。

分子式の一例がFe5Mg2(Si8O22)(OH)2。CAS番号12172-73-5。

日本では、PRTR法により特定第一種指定化学物質に指定され、また労働安全衛生法などにより、製造、輸入、販売、使用が禁止されている。

青石綿(クロシドライト)

角閃石族のリーベック閃石(曹閃石)から得られる石綿。石綿の中で最も危険とされている。

分子式の一例がNa2Fe2+3Fe3+2Si8O22(OH)2分子量765.98。CAS番号12001-28-4、ICSC番号1314。

その他

その他にも、次のようなものがある。

  • 透角閃石綿(トレモライト) 分子式Ca2Mg5Si8O22(OH)2、CAS番号77536-68-6。
  • 緑閃石綿(アクティノライト) 分子式Ca2(Mg, Fe)5Si8O22(OH)2、CAS番号77536-66-4。
  • 直閃石綿(アンソフィライト) 分子式(Mg, Fe)7Si8O22(OH)2、CAS番号77536-67-5。

危険性

発がん性があり、吸引すると肺中皮がん(悪性中皮腫)、つまり胸膜や腹膜がんを誘発する。

また、アスベストは粉塵であるため、アスベスト肺と呼ばれる塵肺を引き起こす。

用途

石綿で編んだ布は丈夫で燃えにくいため、かつての化学系では石綿金網、オートマチック車では自動変速機のクラッチ摩擦材などとして頻用された。

また建築物では、吸音や結露防止のため、壁や天井に石綿吹きつけが施工されていた。

しかし、発がん性が判明してからは使われなくなった。

関連する用語
発がん性物質
がん
クラッチ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club