通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

華氏温度目盛

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:かし・おんどめもり
外語:degree Fahrenheit 英語
品詞:名詞
2001/09/25 作成
2013/11/21 更新

温度目盛の単位の一つ。ファーレンファイト温度目盛、ファーレンファイト度。単位記号は℉。

ヤードポンド法における温度目盛である。ヤードポンド法が現役のアメリカでは今も使われるが、その他の国では殆ど使われていない。

現在では、水の融点を32度(32℉)、沸点を212度(212℉)として、その間を180等分したものとして使われている。

華氏温度目盛Fから摂氏温度目盛Cへの換算は、C=5/9×(F−32)で表わされる。

名称

この名前はこれを発明したドイツの物理学者ダニエル・ガブリエル・ファーレンハイト(Daniel Gabriel Fahrenheit)に因む。

彼の名を中文で表わした「華倫海特」(台湾正体)・「华伦海特」(簡体字)の頭文字「華」に敬称の「氏」を付けたものである。

由来

この温度目盛の由来については、様々な説がある。

良く知られる説の一つは、彼自身が測ることができた最も低い温度(室外の温度)を0度とし、そして彼自身の体温を100度とした。結果、水の融点は32度、沸点は212度となった。

また、当時作成されたアルコール温度計につけた目盛から始まったともされ、彼自身が作り出せる最低温度と考えた食塩の複合物の温度を0度、氷点を32度、人の体温を96度とした、ともされる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club