通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

赤色201号

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:あかいろ・にひゃくいちごう
外語:Red No.201 英語 , Lithol Rubine B 英語
品詞:名詞
2005/09/16 更新

合成着色料(タール色素)の一。モノアゾ系酸性染料。リソールルビンB(Lithol Rubine B)、D&C Red No.6、Pigment Red 57-1とも呼ばれる。

分子式C18H12N2Na2O6S。CAS番号5858-81-1。CAS名は2-Naphthalenecarboxylic acid,3-hydroxy-4-[(4-methyl-2-sulfophenyl)azo]-,calcium salt(1∶1)。

赤色201号
赤色201号

発がん性および肝臓腫の原因になる可能性が疑われている。日本では化粧品への配合のみ認められており、食品添加物として認められていない。

物質の特徴
合成着色料
アゾ色素
関連する用語
発がん性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club