通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

重量

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:じゅうりょう
外語:weight 英語
品詞:名詞
2007/09/22 作成

その物質・物体に働く、重力の大きさのこと。

目次

似たものに質量があるが、重量(重さ)は、質量とは異なる。

重量は「重さ」とも呼ばれる。重量の本質はそこに及ぶ「重力の大きさ」であり、これはその位置における重力の強さに依存する。重力は場所により大きく異なる。一方、質量は物質の「量」であり、宇宙の何処へ持っていっても変化しない。

地球上では両者はほぼ同じであるが、地球より重力の弱い月面などでは、両者は大きく異なることになる。

cgs単位系では「グラム(g)」、MKS単位系MKSA単位系国際単位系では「キログラム(kg)」が使われる。

このように、重量の単位には質量と同じものが使われるが、より正確には重量キログラム(kgw)や重量グラム(gw)などを使うべきである。

なお、ヤードポンド法においては、オンスポンドなどが使われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club