通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

開始コドン

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:かいしコドン
外語:initiation codon 英語
品詞:名詞
2004/03/10 作成
2008/10/27 更新

遺伝情報を記述する64種類のコドンのうち、蛋白質合成が開始されるコドン。

人間含め一般生物では、AUG(メチオニン)が該当する。なお、U(ウラシル)はRNA塩基であり、DNAではT(チミン)が対応する。

蛋白質合成が開始される際に、このAUGにホルミルメチオニンと結合したtRNA(ホルミルメチオニル-tRNA)が結合する。このホルミルメチオニンは、蛋白質合成終了後に除去される。

原核生物ウイルス等では、その他のコドンが使われるケースが発見されている。

原核生物

原核生物などでは、GUG(バリン)、CUG(ロイシン)、AUA(イソロイシン)などが使われる例が知られる。

これらの特徴は、AUGと二塩基が共通で一塩基だけ異なる点である。

ウイルス

チャバネアオカメムシ腸管ウイルス(PSIV)と呼ばれる昆虫病原性RNAウイルスで、ウイルス外皮蛋白質をコードする遺伝子がCAA(グルタミン)を開始コドンとしていることが発見されている。これはAUGとは全く異なる配列である。

ただ、単純にCAAというわけではなく、その上流にメチオニルtRNAの代わりをするような構造があるらしいことも知られている。

用語の所属
コドン
関連する用語
tRNA
終止コドン
メチオニン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club