通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

FG

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:エフジー
外語:FG: Frame Ground 英語
品詞:名詞
1997/08/06 作成
2011/09/05 更新

フレーム・グラウンド。筐体接地すること。GND(グラウンド)の一つ。

電子回路というのは、電源線とグラウンド線で出来ており、この対により電子回路は動作する。

グラウンドというと「電子回路の基準電位になる場所」と「大地に接地すること」の二義があるが、電子回路の場合は前者である。そこで区別するために、基準電位に接地することは接地と言わずグラウンド(GND)ということが多い。

GF≠接地

電子回路というのは、基準電位に対する電位差で信号を表わすため、基準電位の安定性は重要である。

更に言えば、その基準電位は、必ずしも接地され、大地と同電位である必要はない。大地は安定した電位を保ってはいるが、接地することで逆にノイズを拾うこともある。

基準電位さえ安定していれば、それが大地に対する電位がどうであれ、電子回路としては満足なのであり安定して動作する。従って、一般的な電子回路は接地をすることなく利用されている。

グランドの種類

GNDには大きく、シグナル・グランド(SG)、フレーム・グランド(FG)、アース(E)の三種類がある。

アナログICなどを併用する場合は、その電源はディジタルと分離され、SGと+VでアナログICが稼働される。SGは、ディジタルのGNDであるFGと分離されるが、最終的にはどこか一箇所でFGに接続され、FGと同電位とすることが多い。

このような意味で、FGは、その電気回路におけるあらゆる基準の電位を定める場所となる。これが基準電位というものである。

用語の所属
GND
FG
関連する用語
接地
PG (回路)
SG

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club