通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LSD

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:エルエスディー
外語:LSD: lysergic acid diethylamide 英語
品詞:名詞
2001/04/01 作成
2010/02/19 更新

科学用語の基礎知識・非合法薬物情報

国内法では非合法または近日非合法化される物質です。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

幻覚剤の一つ。リゼルギン酸ジエチルアミド。正式にはLSD-25という。俗にアシッド、エルなどと呼ばれる。

  • 組成式: C20H25N3O
  • 分子量: 323.44
  • 比重: (該当資料なし)
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 50-37-3
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 化学名: 9,10-Didehydro-N,N-diethyl-6-methylergoline-8β-carboxamide

LSD
LSD

  • 外観: (該当資料なし)
  • 溶解性: (該当資料なし)

特徴

1938(昭和13)年、スイスのサンドス製薬でアルベルト・ホフマン(Albert Hofmann)博士により合成された。これはライ麦に寄生する麦角菌に含まれるアルカロイドのリゼルギン酸から合成される。

強力な薬物で、ごく微量で効果が現われる。や腸からの吸収率が高いため、経口で用いる。市場にはあまり出まわっていない。

薬効薬理

LSDの効果は、感情の増幅作用である。

大脳に入る情報を調整する視床を操作することにより、光、音などといった外からの情報や、普段は感じない脳の中の情報を流れ込ませる。そのため、目を閉じてもまぶしい、といった状態になる。

副作用など

ごく少量で半日以上のトリップをもたらす。

身体依存は確認されていないが、気分がすぐれない時に使うとバッドトリップしやすいとされる。

また、遺伝子に影響を与え、畸形児が誕生する確率を上げる、という報告もあるようだ。

規制

1960年代に、LSD使用者が自殺したり、中毒性精神病(要するに統合失調症(精神分裂病))になったりしたため、その後LSDは厳しく規制されることとなった。

なお、この薬を実際に何度も試している開発者アルベルト・ホフマンは満102歳没で、意外に長生きをしている。いわゆるジャンキーのように、無謀な使い方をしなければ、健康に問題を来たすことはないのだろう。

安全性

適用法令

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club