通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コンパクトフラッシュ

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:コンパクトフラッシュ
外語:CF: CompactFlash 英語
品詞:名詞
1999/10/25 作成
2012/03/15 更新

メモリーカード規格の一つ。略称は「CF」。

用途等

米SanDisk社が1994(平成6)年に提唱したメモリーカード規格。

主としてPDAやデジタルカメラで使われているほか、医療機器などでも用いられている。

「コンパクト」という名が付いているが、現役のメモリーカードの中では最も大型である。このため、コンパクトデジカメはほぼSDメモリーカードとなり、今ではキヤノンやニコン、ソニーの一眼レフカメラなどで使われるのみとなっている。

拡張規格として、「CF+」や「CFast」がある。

規格団体

SanDisk、Hewlett-Packard、Apple Computer、NEC他12社でCFA(CompactFlash Association)という団体を設立して規格管理を行なっている。

Compact Flash Card 1GB
Compact Flash Card 1GB

寸法

サイズは36.4mm×42.8mm×3.3mm。約12g。

IF

メモリーカードのコネクターは50ピンで、カード側がメスである。

メモリーカードのインターフェイスパラレルATAを採用し、さらにカード側にATAコントローラーを持っているため、専用のアダプターを使うことでTypeⅡ PCMCIAカードスロットでそのまま利用可能。

しかし制御回路を内蔵する分、低価格化が難しいという一面もある。

最大容量

ATAであるため、理論上のメモリー容量制限などはない。

現在はBig Driveに対応していないため、28ビットLBAに由来する、最大約137Gバイト(128Giバイト)の制限「128Gバイトの壁」がある。

これもハードディスクドライブと同様に48ビットLBAを採用すれば解決可能な問題である。

沿革

  • 1.0
    • 最初のもの
    • PIOモード0〜2対応(8.3MB/秒、55倍速)
  • 1.1
  • 1.2
  • 1.3
    • 厚みのあるType Ⅱ仕様(5mm厚)を追加。従来のもの(3.3mm厚)はType Ⅰとする
  • 1.4 ‐ 1998(平成10)年
    • CF+を仕様に追加した
  • 2.0 ‐ 2003(平成15)年6月
    • ATA-4に準拠。PIOモード3,4対応(16.6MB/秒、111倍速)
    • CPRM対応
  • 3.0 ‐ 2004(平成16)年9月
    • PCカードPIOモード4〜6(25MB/秒、166倍速)を追加
    • True IDEモードでPIOモード5,6(25MB/秒、166倍速)を追加
    • True IDEモードでマルチワードDMAモード3,4(25MB/秒、166倍速)を追加
    • True IDEモードでUDMAモード0〜4(66.6MB/秒、444倍速)を追加
  • 4.0 ‐ 2006(平成18)年9月
    • PCカードUDMAモード(133MB/秒、888倍速)を追加
    • True IDEモードでUDMAモード5,6(133MB/秒、888倍速)を追加
  • 4.1
    • Power Enhanced CF Storage Cardの追加
  • 5.0
    • 48ビットLBAに対応し、最大で約144Pバイト(128Piバイト)まで対応 (従来は最大約137Gバイト(128Giバイト))
    • Data Set Management Command(Trimコマンド)による未使用領域の効果的なクリーンナップ
    • ATA-6およびATA-8への対応
    • Performance Controlによる通信速度保証
    • Video Performance Guaranteeによる動画記録時のコマ落ち防止
    • インターフェースをATA規格に準拠した電気規格に変更
  • 6.0
    • UDMAモード7(167MB/秒、1113倍速)を追加
    • サニタイズコマンド(ブロック消去で未使用状態に戻す機能)対応
    • TRIM使用ガイドライン (書き込み性能の一貫性を向上)

分類法

コンパクトフラッシュのメモリーカードは、次のような要素で分類できる。

  • 容量 (特に2Giバイト以上か以下か)
  • 速度 (MB/秒、または倍速で表示)
  • UDMA(Ultra DMA)への対応の有無

容量

2008(平成20)年時点で、次の容量が揃っている。

  • 100Miバイト未満の製品
    • 2MiB、4MiB、8MiB、10MiB、15MiB、16MiB、20MiB、30MiB、32MiB、48MiB、64MiB、96MiB
  • 1Giバイト未満の製品
    • 128MiB、192MiB、256MiB、320MiB、384MiB、512MiB
  • 1Giバイト以上の製品
    • 1GiB、2GiB、4GiB、8GiB、16GiB、32GiB、50GiB、64GiB、100GiB

旧来の規格で対応するファイルシステムFAT12/FAT16なので、最大容量は「2Giバイト」となる。

現在はさらにFAT32に対応しているが、この大容量のCFを旧型のカードリーダー/ライターに挿しても、認識しないか、仮にしても異常な動作をするので注意が必要である。

2Giバイト以上のカードは、出荷時点でFAT32でフォーマットされていることが多く、このためそのままでは古い装置で読み書きできない。

2Giバイト以上のカードを購入する場合は、使用する全機器の対応状況を確認する必要がある。

速度

コンパクトフラッシュの速度表示は、「MB/秒」と「倍速」のいずれかで表示されている。

このうち「×倍速」という表記法は米レキサーメディアが制定、採用したものである。その基準は、初期のコンパクトフラッシュ等ではなく、「CDの転送速度150KB/秒を標準速(1倍速)」としている。

製品として確認されている速度に、次のようなものがある。

  • 12倍速 (1.8MB/秒)
  • 16倍速 (2.4MB/秒)
  • 24倍速 (3.6MB/秒)
  • 32倍速 (4.8MB/秒)
  • 40倍速 (6MB/秒)
  • 45倍速 (6.75MB/秒)
  • 60倍速 (9MB/秒)
  • 66倍速 (10MB/秒)
  • 80倍速 (12MB/秒)
  • 85倍速 (12.75MB/秒)
  • 100倍速 (15MB/秒)
  • 115倍速 (17.25MB/秒)
  • 120倍速 (18MB/秒)
  • 130倍速 (19.5MB/秒)
  • 133倍速 (20MB/秒)
  • 140倍速 (21MB/秒)
  • 150倍速 (22.5MB/秒)
  • 160倍速 (25.5MB/秒)
  • 200倍速 (30MB/秒)
  • 266倍速 (40MB/秒)
  • 300倍速 (45MB/秒)
  • 333倍速 (50MB/秒))
  • 350倍速 (52.5MB/秒))

一般的には、この速度は「読み取り速度」である。

CF+

CFのインターフェイスを用い、各種のインターフェイスを接続するための仕様。

インターフェイスによってはCFにある仕様の一部は不要であるため、CFの一部の仕様についてはCF+では採用しないなどの変更点がある。

WILLCOMのPHS通信カードなどの製品例がある。

CFast

従来のCFはパラレルATAだが、これをシリアルATA(SATA)に変更した高速メモリーカード規格。

カードの形状はCFと完全に同じだが、SATAであるためデータ転送速度は3.0Gbps(300Mバイト/秒)となっている。

当然インターフェイスは異なり、ピンは24ピンで、7ピン(信号)+17ピン(電源・コントロール)である。

しかし、これは民生用としては殆ど普及していない。

XQD

CFastと同様のコンセプトで、インターフェイスをSATAの基礎技術であるPCI Expressとしたもの。形状も含めて、一切の互換性がない。

当初仕様で2.5Gbps、将来的に2倍速の5Gbpsに高速化の予定。

これは、ニコンのディジタル一眼レフカメラ「D4」で採用され、またキヤノンも賛意を示していることから、将来的にある程度の普及が見込まれている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.00h (26-Jul-2014)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club