通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

->

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:アロー
外語:-> 英語
品詞:名詞
2011/01/09 作成
2011/05/23 更新

C/C++において、構造体のメンバーを間接参照するために使う演算子の一つ。

C/C++では、構造体が実体または参照であるときはドット演算子(.)でメンバーにアクセスすることができる。

構造体.メンバー;

しかしC/C++では、構造体を扱うとき、実体や参照ではなく構造体に対するポインターである場合がある。この時は間接参照となるため、その場合に使うのがアロー演算子(->)である。

構造体へのポインター->メンバー;

これは構文糖であり、次のように書いても同義である。

(*構造体へのポインター).メンバー;

つまり、(*pointer).fieldをpointer->fieldと書くことができ、簡潔になる。

用語の所属
C
C++
関連する用語
構文糖

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club