通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

2条項BSDライセンス

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング設計編 (PTPROGE)
読み:にじょうこう・ビーエスディー・ライセンス
外語:The BSD 2-Clause License 英語
品詞:名詞
2013/07/03 作成
2014/11/06 更新

BSDライセンスのうち、条件が二つしかないもの。

オリジナルの4条項BSDライセンスでは第4条、3条項BSDライセンスでは第3条にあった、許可無く貢献者の名前を宣伝に用いてはいけないという条項を削除したもの。

現在のFreeBSDNetBSDなどは、新規に作られるコードについては、原則としてこの2条項BSDライセンスを採用している。

4条項が3条項になったときと違い、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)からは第4条項を削除する旨の宣言はない。従って、UCB由来のコードは勝手に3条項を2条項に変更することはできない。

対してFreeBSDNetBSDが独自に作成したものは、そのライセンスをFreeBSDやNetBSDの開発プロジェクト自身が決めることができる。結果、FreeBSDやNetBSDは自身に権利のあるコードについては、2条項BSDライセンスを採用することを決定した。

次の構成となっている。

<著作権表示>

変更の有無を問わず、ソースやバイナリ形式での再配布や利用は、次の条件を満たせば許可される。

  1. ソースコードの再配布は、上記の著作権表示、ここに列挙された条件、および下記の免責条項を保持すること。
  2. バイナリ形式の再配布は、上記の著作権表示、ここに列挙された条件、および下記の免責条項は、ドキュメントまたは他の資料で配布すること。

<免責条項>

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club