通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Adaptec

辞書:電算用語の基礎知識 技術機器製造団体編 (TYORGM)
読み:アダプテック
外語:Adaptec 英語
品詞:会社名
2000/11/24 作成
2010/08/17 更新

かつて存在した、SCSIホストアダプターで有名なボードメーカー。事実上の業界標準だが、総じて価格は高かった。

1981(昭和56)年に創業以来、SCSIのホストアダプターや、RAIDコントローラーのメーカーとして広く名が知られるメーカーとなった。

パーソナルコンピューターでのマルチタスクOSの時代の黎明期、バスマスター方式のSCSIホストアダプターでデファクトスタンダードの地位を築いた。

SCSIのAPIとして、ASPIなどがある。

初期

初期のパーソナルコンピューターではSCSIは無くてはならないインターフェイスではあったが、時代は変わり、ATAが標準化され、また外部インターフェイスもUSBが普及するようになると、SCSIの需要は激減することになる。

Adaptecは様々な製品を手がけていたメーカーだったが、1998(平成10)年11月、ST Microelectronicsに半導体部門であるPeripherals Technology Solutions部門を売却し、RAIDコントローラーのベンダーとなる。万人が必要としたSCSIコントローラー程ではないにせよ、RAIDは一定の需要があった。

買収

2007(平成19)年3月、投資ファンドのスティールパートナーズに株式10.7%が取得され、経営陣の退陣が求めるようになってきた。

Adaptecは企業維持のため、経営陣とファンド間で対立は深まるが、スティールパートナーズ側は株式の買収を更に進めた結果、株式を14.6%まで取得、遂にスティールパートナーズ傘下に入り、元経営陣は退陣を余儀なくされた。

2010(平成22)年5月、遂にAdaptec唯一の事業であるRAIDコントローラーやAdaptecブランドをPMC Sierraに売却することで合意、翌月に売却が完了した。

これにより、Adaptechば事業実態のない会社になりはててしまった。

崩壊まで

スティールパートナーズは、焦土化経営を目的とした濫用的買収者であった。

Adaptecはブランドを売却したこともあり、社名をNASDAQの登録名と同じADPTに変更した。

ADPT社は、ほぼ実態のない金融会社となった。このためNASDAQは上場廃止を決定、遂に歴史の長かったAdaptec社は、表舞台から消え去ったのである。

Adaptecブランド

Adaptecブランドやその事業はPMC-Sierraに買収されたが、既存の製品の殆どは、そのまま販売およびサポートが継続されている。

このため、製品自体はしばらくの間生き延びるものと見込まれている。

関連する用語
AAA
SCSI
iSCSI
ASPI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club