通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PD

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ピーディー
外語:PD: Phase-change Disc 英語
品詞:名詞
2008/07/09 作成
2009/06/29 更新

相変化ディスクの一つで、松下電器産業(現・パナソニック)が開発した。

CDサイズの読み書き両用記憶媒体である。

松下(Panasonic)が積極的に採用していた。正式な見解は発表されていないが、PDの語源は実はPanasonic Discの略という話もある。

媒体

相変化を利用して情報を記憶する。容量は片面650Mバイトであり、CDと同程度である。

媒体の表面は、230MバイトのMOのようにくっきりと線で区切られていて、一見MOと似たものだと錯覚するが、技術的には全く異なるものである。

また相変化という技術的な問題から、MO程の耐久性能は期待できない。

PDメディア
PDメディア

ケース

通常は保護用のキャディケースに入れて使用する。

このPDのキャディは、CD-ROM用と互換性があるが、若干拡張されている。

具体的には、ケースの下側に切り欠きが付いていて、ハード的に容易にCDかPDかを認識できるように設計してある。しかし実際はディスク面に直接レーザーをあててCDとPDを判別しているものが多い。

また、同じくキャディがCDと異なる点として、キャディ左下の部分にライトプロテクト(書き込み・削除禁止)用のノッチが付いている。

後継

PD自体は、安価だったMOその他リムーバブルメディアに押され、普及はしなかった。

しかし、PDの後継としてDVD-RAMが作られた。

DVD-RAMのバージョン1は、PDの4倍の容量がある2.6Gバイトで、互換性があった。但し、バージョン2.0以降ではPDとは互換性がない。PanasonicブランドのDVD-RAMドライブは、古いものはPDも読み書きできたが、バージョン2.0以降対応の製品ではPDは利用できない。

用語の所属

光ディスク
相変化ディスク
PD

関連する用語

DVD-RAM
MMVF

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01c (3-Aug-2016)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club