通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アナログ回線

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:アナログかいせん
外語:analog line 英語
品詞:名詞
2012/01/22 作成

電気通信回線のうち、アナログ信号によって情報を伝送するもの。

電話回線CATVの回線など、こういったものは身近によく見られる。

従来型の電話網は公衆電話交換網(PSTN)と呼ばれる。

物理的な回線

アナログ回線はアナログ信号を流すための回線だが、これはあくまでもサービス品目的な呼称であり、その回線の物理的な特徴をいうのではない。

アナログ回線は一般に銅線(メタルケーブル)を使うが、これはアナログ信号・ディジタル信号ともに伝送可能である。

電話回線でも、同じ銅線で、従来型の電話機と、ISDNによるディジタル電話が利用できた。また後世、ADSLを代表とするxDSLで高周波のディジタル信号を流すことに成功している。

用途

音声や映像信号などのうち、アナログ信号をそのままで伝送する場合に使われている。

アナログ回線しかない大昔にはコンピューターの情報をモデムで音に変調して伝送することも行なわれていたが、ディジタル回線が普及した今では殆ど行なわれなくなっている。

電話回線の場合、家を出た電話回線電柱を渡り、NTTの局内にある加入者線交換機と呼ばれる交換機に繋がっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club