通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アンテナが立つ

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:アンテナがたつ
品詞:た行五段
2001/06/28 作成
2015/02/10 更新

携帯電話PHSにおいて、入感すること。電波が届いていること。

携帯電話機やPHS端末の多くの機種では、電波感度を表わす電波ピクトにアンテナマークを用いている。

感度は一般に、2G携帯電話機では圏外と1〜3本の4段階、現在のPHSや3G以降の携帯電話機では圏外と1〜5本の6段階で表現される機種が多いが、このうち受信可能な状況(アンテナが表示されている状況)を、アンテナが立つという。

関連する用語
携帯電話
PHS
圏内
圏外
入感
バリ3
バリ5

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club