通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

円偏波

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:えんへんぱ
品詞:名詞
2003/09/17 作成
2015/07/11 更新

電磁波偏波の一つ。時間の経過とともに、電界と磁界が回転するもの。

目次

地上の無線通信では直線偏波(水平偏波または垂直偏波)が使われる。しかし衛星通信の場合、直線偏波だと衛星の姿勢によって偏波方向が変わってしまい、偏波面が定まらず受信が困難である。

このような時に有効なのが円偏波である。円偏波は水平偏波と垂直偏波の位相を1/2π(90°)ずらして合成したもので、水平偏波も垂直偏波も、また斜め方向の偏波であっても全て受けることが可能である。この特徴から偏波の不一致によるフェージングが軽減できる。

円偏波は回転の方向から、次の二つに分類できる。

おのおの、右旋偏波、左旋偏波ともいう。

用語の所属
偏波
関連する用語
偏波面

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club