通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

回線切って首吊って氏ね

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語掲示板編 (CZBBS)
読み:かいせんきって・くびつって・しね
品詞:な行五段
2009/04/03 作成
2016/02/15 更新

アングラ系隠語で「ダイアルアップ接続を切断して、首を吊って死ね」のこと。

目次

氏ねの派生である。

あめぞう由来か、2ちゃんねる用語かは定かではない。

必ずしもこの文が定型というわけではなく、「回線切って首吊れ」「回線切って首を吊れ」「回線切って首つれ」など、様々な表現が使われていた。

インターネット接続がダイアルアップ前提の時代、2ちゃんねるでは「回線切って首吊って氏ね」という罵声が飛び交っていた。

当時はダイアルアップ接続なので、回線が混雑すると繋がらない。そこで人に迷惑が掛からないように、ダイアルアップ接続を切断して(これを回線を切る、という)から、首を吊って死ね、というようになった。

しかし今ではADSL光ファイバー、あるいは無線(LTEWiMAXなど)による常時接続が一般化し、ダイアルアップでインターネットに接続する人も激減、この語も死語化した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01c (3-Aug-2016)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club