通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

改行コード

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:かいぎょうコード
品詞:名詞
2001/01/12 作成
2009/05/25 更新

文書ファイルラインプリンター等で改行するために使用する制御コードのこと。改行文字とも。

文章は、単語を延々と続けるのではなく、節、段落、項、パラグラフを単位に行を改めて表現するものである。

手書きの文章であれば、そのように表記すれば済むことだが、電子計算機内の文章は実質的に数字の羅列に過ぎないので、改行がその場にあることを表わす目印が無ければ、電子計算機は改行が分からない。

このとき、行の区切りを表わす制御コード、文字を、改行コードないし改行文字という。

種類

一般的にはCRLF(CR+LF、1/13 1/10)が使用される。

但し、UNIXの文書ではLF(1/10)、古いMac OSの文書ではCR(1/13)がそれぞれ使用されている。

Unicode

Unicodeの場合、次のようなコードが改行コードとなる。

 UnicodeASCIIEBCDIC
MVSCDRA
CRU+000D0D0D0D
LFU+000A0A2515
CRLFU+000D U+000A0D,0A0D,250D,15
NEL、NEW LINEU+0085851525
VT、VERTICAL TABU+00080B0B0B
FF、FORM FEEDU+000C0C0C0C
LS、LINE SEPARATORU+2028n/an/an/a
PS、PARAGRAPH SEPARATORU+2029n/an/an/a

C/C++

C/C++及び同系列の言語では、次のエスケープを利用して改行コードを表現できる。

  • \n ‐ LF
  • \r ‐ CR

CRLF→LF

ファイルの改行コードをDOS/Windows形式からUNIX形式に変更するには、UNIXからは以下のようにすればよい。

% tr -d '\r' < foo.txt > foo.unix

\rつまりCRが削り落とされ、\nつまりLFだけが残る。

用語の所属
制御コード
該当する用語
CRLF
キャリッジリターン
ラインフィード
フォームフィード
関連する用語
改行
Unicode

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club