通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

0.0.0.0

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ゼロ・ゼロ・ゼロ・ゼロ
品詞:名詞
2001/04/09 作成
2016/04/27 更新

IPv4アドレスの一つ。様々な特殊な目的のために使われている。

0.0.0.0は、数値にすると0x00000000つまり0で、内部処理としては、初期化されたまま何も設定されていない状態である。従って、来る者拒まず去る者追わず、といった動作をすることになる。

かつてのRFC 1700では、ホスト自身を指すアドレスとして定義されており、これはソースアドレスとしてのみ利用される。

RFC 1058では、デフォルトルートを表わすIPv4アドレスとして定義されている。

0.0.0.0/0

0.0.0.0/0(宛先0.0.0.0、ネットマスク0.0.0.0)の場合は全てのアドレスとマッチする。

全てのホスト、任意の宛先を意味する。すなわち、デフォルトルートである。宛先の設定で用いるが、実際のパケットで、宛先0.0.0.0に送信しても届かない。宛先が0.0.0.0に設定されていた場合は、必要な処理をしてデフォルトルートを調べ、デフォルトルート宛に送信することになる。

IPv6では::/0が対応する。

0.0.0.0/32

0.0.0.0/32(宛先0.0.0.0、ネットマスク255.255.255.255)の場合は、0.0.0.0というアドレスを持ったホストを意味する。

これはホスト自身を指す。とはいえ、これも宛先0.0.0.0に送信して届くわけではないので、ソースアドレスに格納する場合にのみ使われる。

例えば、DHCP情報の要求をする際、この時点では自身のIPアドレスは不明または存在しないので、ソースアドレス0.0.0.0とし、255.255.255.255宛にブロードキャストすることになる。

IPv6では::/128が対応する。

用語の所属
IPv4アドレス
関連する用語
デフォルトルート

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club