通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IDE

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アイディーイー
外語:IDE: Integrated Drive Electronics 英語
品詞:名詞
1997/04/24 作成
2012/02/23 更新

ハードディスクドライブなどを接続するためのインターフェイスの規格の一つ。パラレルATAの元となった。

もともと、Compaqが自社のパーソナルコンピューターで使用するために、Conner Peripherals(後にSeagate Technologyが買収)というディスクメーカーと共に開発した独自仕様だった。

これは、それ以前に使われていたST-506のHDC(ハードディスクコントローラー)、WD1003とレジスターレベルで互換性があった。

その後は各社が採用し、後に正式な規格としてATA(ANSI X3.221-1994)が作られた。

ATAという仕様制定以降も、IDEやE-IDEという呼称が使われ続けた。

機能

ATAの由来でもある初期のIDEは、ST-506のHDCであるWD1006(WD1003の後継)相当のコントローラー機能をディスクドライブ側に持ち、簡単な論理回路のみでISAバスに接続可能としたものである。

そもそもST-506の場合、カード側に搭載されたHDCが全ての制御を行なっており、34ピンの制御線で磁気ヘッドのシークなどの制御を行ない、20ピンのデータ線でデータの送受信をするという、インテリジェント性皆無のインターフェイスであった。

IDEは、このインターフェイスをインテリジェント化したものといえる。

コネクター

3.5と2.5

IDE、後継のパラレルATA含め、3.5インチHDDでは40ピンのコネクターが使われている。

なお、2.5インチHDDでは44ピンのコネクターが使われており、物理的形状が異なるためケーブルの共用は出来ない。2.5インチの44ピンのうち、41番から44番の4ピン分は、電源ピンとなっている。3.5インチはペリフェラル電源コネクターから電源供給するが、2.5インチはそのスペースがないため、ここに電源端子を設けている。

逆挿し

今でこそ差し込み口の外側に切り口ができ、中央の20番ピンだけ欠落することで逆指しできないようになっているが、昔はそうではなかった。

古いIDE(ATA)ではコネクターには方向性がなく、どちらの方向にも挿せた、いささか危険なものであった。40ピンあるが、後に20番ピンだけ方向性を付けるために使われなくなり、マザーボード側はピンが抜かれ、ケーブル側は20ピン部分に詰め物をするようになった。

古いマザーボードに新しいIDEケーブルを刺すときには、ラジオペンチやニッパーなどで、マザーボードの20番ピンを折る必要があった。

ケーブル

IDE/ATAケーブルは、一本のケーブルにマスターとスレーブの二台の装置が接続できる。

ケーブルの途中がスレーブで、末端がマスターとなる。コネクターが色分けされているケーブルがあり、マザーボード側が、途中のスレーブが灰色、マスターが黒、である。

原則

HDDのコネクター部をみて、ピンが無い20番ピンは下側になっており、この時右上端が1番ピン、その下が2番ピン、左上端が39(または43)番ピン、その下が40(または44)番ピンである。

1番ピンの更に右に、4本ほどのジャンパーピンが付けられた製品も少なくなかった。

3.5インチ

ピン信号ピン信号
1-RESET2GROUND
3DD74DD8
5DD66DD9
7DD58DD10
9DD410DD11
11DD312DD12
13DD214DD13
15DD116DD14
17DD018DD15
19GROUND20キー(逆刺し防止)
21DMARQ22GROUND
23-DIOW: STOP24GROUND
25DIOR:-HDMARDY:HSTROBE26GROUND
27IORDY:-DDMARDY:DSTROBE28CSEL
29-DMACK30GROUND
31INTRQ32(reserved)
33DA134-PDIAG:-CBLID
35DA036DA2
37-CS038-CS1
39-DASP40GROUND

2.5インチ

ピン信号ピン信号
1-RESET2GROUND
3DD74DD8
5DD66DD9
7DD58DD10
9DD410DD11
11DD312DD12
13DD214DD13
15DD116DD14
17DD018DD15
19GROUND20キー(逆刺し防止)
21DMARQ22GROUND
23-DIOW:STOP24GROUND
25DIOR:-HDMARDY:HSTROBE26GROUND
27IORDY:-DDMARDY:DSTROBE28CSEL
29-DMACK30GROUND
31INTRQ32-IOCS16
33DA134-PDIAG
35DA036DA2
37-CS038-CS1
39-DASP40GROUND
41+5V (LOGIC)42+5V (MOTOR)
43GROUND44RESERVED

関連技術

IDEとATAは本来は異なるが、現在ではほぼ同等のものとして扱われている。

同時期の対抗は、初期にはSCSIであったが、価格が高かったこともありIDE(ATA)が優勢となった。これを著している今では、SCSIは市場からは姿を消しかけている。

一時期は、IEEE 1394がATAの後継と目されたこともあったが、実現することはなかった。

ATA-7/ATAPI-7から、従来の「パラレルATA」に対し、「シリアルATA」が仕様に追加され、現在はこれが主流となっている。

物理層はシリアル化されたが、プロトコルはATA/ATAPIと互換がある。すなわち、WD1003以来の伝統は、まだ当面の間、伝承されるようである。

IDEとSCSI

IDEは、パソコンの割り込みを通常2個消費する(標準でIRQ 14と15)。

かつてはそれを嫌われ、マニアを中心にSCSIでディスクを接続することが多かったが、SCSIは複雑な回路により価格がどうしても下がらない。

ディスク自体は量産効果などで価格が大幅に下がっても、SCSIは回路の価格が下がらず、2000(平成12)年初頭にはSCSIで8.5Gバイト程度の価格帯でIDEでは28Gバイト程度のものが購入可能と、その容量差は3倍を超えてしまった。

関連する用語
ATA
E-IDE
割り込み
CHS
LBA
IDE-RAID
SCSI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club