通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

RJ-11

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アールジェイじゅういち
外語:RJ-11: Registered Jack 11 英語
品詞:名詞
1999/11/05 作成
2009/07/09 更新

モジュラージャックの型式RJの一つで、電話などに使用される4〜6極端子コネクターの通称。

ポジション数(極数)が4〜6のタイプは一般にRJ-11の通称で呼ばれるが、規格としては更にコンタクト数(芯数)で分けられている。

2芯4芯、6芯が存在する。

種類

規格とは言ってもRJの場合は公式規格として存在するわけではなく、今となっては既に、単なる俗称の扱いである。

従って、同じものを別の呼び方をしたり、異なるものを同じ呼び方をしたりする。

  • 4極
    • RJ-11 (4極2芯、4極4芯)
  • 6極
    • RJ-11 (6極2芯)
    • RJ-12 (6極4芯、6極6芯) RJ-14の日本での俗称
    • RJ-14 (6極4芯) 電話等によく使われるタイプ
    • RJ-25 (6極6芯) 全芯接続

RJ-11 6極2芯プラグ
RJ-11 6極2芯プラグ

RJ-14 6極4芯プラグ
RJ-14 6極4芯プラグ

用途

電話の回線と電話機、回線とDSUを繋ぐ際などに使われる。

昨今では、通信機器のシリアルポート(RS-232C)用のコネクターとしても使われている。

用語の所属
モジュラージャック
RJ
11
関連する用語
電話
MT-RJコネクター
RJ-12
RJ-45
RJ-48

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club