通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

USB 2.0

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ユーエスビーにーてんゼロ
外語:USB 2.0 英語
品詞:名詞
2004/02/12 作成
2010/06/10 更新

汎用シリアルバスインターフェイス規格USBのバージョン2.0のこと。高速のUSB。

2000(平成12)年4月に公開され、従来と同じコネクターを使いながら、伝送速度が従来(USB 1.1)約40倍の480Mbpsになり、広帯域通信が必要な場面でも利用できるようになったため、IEEE 1394に対抗する規格となった。

また、一つのバス上にUSB 1.xと2.0の機器両方を接続することができるため、USB1.xにのみ対応した機器をそのまま使うことができる。

速度

USB 2.0登場以前は、高速通信が必要なCD-ROMやハードディスクについても、USB 1.1を搭載しているものがあった。どうしても速度が必要であれば、SCSIなどが使われた。

USB 2.0登場により、パソコン周辺機器の接続に於いては、USBの地位が高まった。

IEEE 1394はライセンス料の問題があり、コンピューターの世界では殆ど使われていなかった。USB 2.0により、まず普及しないことが確定した。

それまでは高速なものはIEEE 1394、低・中速なものはUSBというように住み分けが想定されていたが、その垣根が無くなってしまったわけである。

通信

IEEE 1394とUSB 2.0は速度的には大差ないが、USBがパソコンを介さないと機器間通信ができないのに対し、IEEE 1394は機器同士で直接交信できる点に最大の違いがある。

これを解決するため、USB OTG(USB On-The-Go)規格が後に作られている。

このためか、コンピューターを接続せずに機器間通信を行なうような場面(AV装置など)ではIEEE 1394が優位である。

用語の所属
USB (バス)
関連する技術
USB 1.1
USB On-The-Go
IEEE 1394
HSIC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club