通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 実装定義 > 定数
M_PI
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:エム-アンダースコアアンダースコア-パイ
外語:M_PI
品詞:名詞

C/C++で、円周率(π)を表わすマクロ。ただし、C/C++の標準仕様ではない。

目次
定義

GCCのmath.hには、次のように定義されていることが多い。

#if defined __USE_BSD || defined __USE_XOPEN
# define M_PI           3.14159265358979323846  /* pi */
#endif

さらに、高精度な以下が定義されていることもある。

#ifdef __USE_GNU
# define M_PIl          3.1415926535897932384626433832795029L  /* pi */
#endif

M_PIでも一般的なdoubleの有効桁数以上の桁数がある。

特徴
非標準

現時点において、このマクロ定数は標準化されていない。従って、このマクロ定数を用いると移植性がなくなる。

対応する実装では、Cならmath.hを、C++ならcmathをincludeすると使用できる。

Visual C++

Visual C++では、非標準のこれらのマクロを標準で#defineしない。

あらかじめ _USE_MATH_DEFINESを#defineしてから、math.hまたはcmathをincludeする必要がある。

リンク
用語の所属
C
C++
関連する用語
math.h

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic