通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など > C
_Imaginary
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:アンダースコア-イマジャネリー
外語:_Imaginary
品詞:名詞

C予約語の一つで、複素数の虚数部を宣言する。

目次
概要

floatdoublelong double型の変数宣言時、_Imaginaryで修飾することで複素数型の変数を宣言することを表わす。C99(ISO/IEC 9899:1999)から公式の仕様として導入された。

float _Imaginary hoge;

double _Imaginary hoge;

long double _Imaginary hoge;

特徴

C99から複素数に対応し、_Complexおよび_Imaginaryが追加された。このうち_Imaginaryは、複素数の虚数部を表わす。

これに伴い、様々なライブラリ関数も追加されているが、実際に利用する場合はライブラリ関数などの都合等から、double _Imaginaryを選択するのが無難とされている。

リンク
関連する用語
C
_Complex

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic