通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体 > 一般整数用
uint64_t
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ユーイントろくじゅうよん-アンダースコア-ティー
外語:uint64_t
品詞:名詞

C99C++11から追加された変数型の別名定義で、64ビット長の無符号整数を宣言する。但し、実装するかどうかは処理系定義である。

目次
書式
C

#include <stdint.h>

C++

#include <cstdint>

定義
FreeBSD

/usr/include/machine/_types.h

typedef unsigned long __uint64_t;

/usr/include/sys/_stdint.h

typedef __uint64_t uint64_t;

x86用FreeBSDでは、間接的にunsigned longで定義される。

また、stdint.hからincludeされているmachine/_stdint.hで、次のような定義がある。

#define UINT64_MAX 0xffffffffffffffffUL

Linux

LinuxのGCCでは、stdint.hで、条件に応じて次のいずれかを選択している。

# if __WORDSIZE == 64
typedef long int                int64_t;
# else
__extension__
typedef long long int           int64_t;
# endif

また、stdint.h に、次のような定義がある。

# define UINT64_MAX     (__UINT64_C(18446744073709551615))

__UINT64_C マクロは、stdint.h で次のように定義されている(該当部分のみ引用)。

# if __WORDSIZE == 64
#  define __UINT64_C(c) c ## UL
# else
#  define __UINT64_C(c) c ## ULL
# endif
printf

uint64_tはあくまで別名定義であるため、printfのフォーマット文字列は元の変数型に対応するものを使用する。

C99では、inttypes.hを用意し、元の変数型に対応するフォーマット文字列を#defineするようにしている。

次のように使用する。

printf("x=%"PRIu64"\n", x);

補足

CHAR_BITが9などの環境では、uint64_tは定義されない。定かではないが、uint72_tが定義される可能性が高い。

uint64_tの定義は環境依存だが、次は仕様上、必ず定義されることになっている。

CHAR_BITが8より大きい環境では、これらは65ビット以上で定義されることになる。

リンク
用語の所属
C
_t
関連する用語
long long

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic