通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信 > Bluetooth
ACL (Bluetooth)
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:エイスィーエル
外語:ACL channel: Asynchronous Connection-Less
品詞:名詞

Bluetoothのリンクの一つ。直訳すれば、非同期でコネクションレス。

目次
概要

BluetoothのLogical Layerでは何種類かのリンクが存在するが、主に使われるのは、このACLとSCOである。

このうちACLは、データ通信用に使われる。

特徴

非同期データチャンネル、つまりポーリングアクセス方式を利用したパケット交換を通じて提供されるチャンネルを提供するリンクである。

プログラムからは通常、SOCK_SEQPACKET L2CAPソケットを次のようにして作ることで、ACLリンクが利用できる。

int sock = socket(PF_BLUETOOTH, SOCK_SEQPACKET, BLUETOOTH_PROTO_L2CAP);

あるいは、RFCOMMレイヤーでソケットを作成しても、恐らくは同様に利用できる。

int sock = socket(PF_BLUETOOTH, SOCK_SEQPACKET, BLUETOOTH_PROTO_RFCOMM);

リンク
用語の所属
Bluetooth
関連する用語
SCO

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic