通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信 > Bluetooth > プロトコル
HCI (Bluetooth)
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:エイチスィーアイ
外語:HCI: Host Controller Interface
品詞:名詞

Bluetoothにおいて、コントローラーとホストの間で使われる通信プロトコル

目次
概要

Bluetoothモジュールを制御したり、データを無線で送受信するために使う、一番最下層のインターフェイスである。

有線でも例えばEthernetならEthernetコントローラーICなどを使い、その上にEthernetのプロトコルから上を実装することになるが、Bluetoothのような無線でも同様にハードウェアとソフトウェアの分担があり、その境界となるのがHCIである。

HCIで使用する物理層は、Bluetoothチップとホストの都合に合わせて選択されるため、様々なものがある。

UARTUSBなどが使われることが多いようで、規格上このレイヤーをHCI Transportレイヤーという。UARTの場合、速度は実装依存だが、いわゆるRS-232Cで、データ長8ビット・ストップビット1ビット・パリティチェックなしの「N81」で、フロー制御はS制御というのが一般的のようである。

数値データはリトルエンディアンで表現されている。

特徴
種類

フレームは4種類存在する。

コマンドとイベント

ホストがBluetoothを使うためには、Bluetoothコントローラーに対してHCIコマンドを発行する。

コントローラーは順次コマンドを実行するが、同時に複数のコマンドを実行でき、さらにコマンドの処理時間はコマンドごとに違う。したがって、コマンドを送った順に処理が完了するわけではない。

そこで、コマンドの終了通知はイベントとして発行される。

トランスポート層

HCI UARTトランスポートレイヤー

UARTの場合、フレームの種類を表わすオクテットがあり、続いて実際のデータがある。

indicatorは、フレームの種類(4種類)に応じて、次のように定義されている。

HCI packet部の詳細なフォーマットは後述されるが、例えばコマンドをモジュールに送る時は、まず0x01をUARTに送り、次いで16ビットのOpcodeを送り、さらにLength、そしてParameter、という形式になる。


HCI USBトランスポートレイヤー

USBの場合、フレームの種類はエンドポイントアドレスで表わす。

エンドポイントアドレスは、フレームの種類に応じて、次のように定義されている。

ACLデータは、USBのバルク転送に対応する。また他に、0x83/0x03を使うアイソクロナス転送も定義されている。

フレームの構造

0x01 HCIコマンド

0x02 ACLデータ

0x03 SCOデータ

0x04 HCIイベント
リンク
用語の所属
Bluetooth

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic