通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 無線
ISM (周波数帯)
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイエスエム
外語:ISM: Industrial, Scientific and Medical radio bands
品詞:名詞

産業用(Industrial)、科学用(Scientific)、医療用(Medical)の周波数帯のこと。

目次
概要
目的

その名の通り、産業、科学、医療の目的に使われるべく、確保された周波数帯のことである。

コンピューターの無線通信(例えばBluetoothIEEE 802.11系)などに使われているが、一番生活に身近なのは電子レンジの周波数である。

ITU

ITUにおいては、次の周波数帯の確保を求めている。

日本

日本の電波法や関連する告示、訓令においては、次の周波数帯がISM用として確保されている。

特徴

各周波数帯ごとの、主な使用例は、次の通り。

リンク
関連する用語
電波帯域
周波数
電波
電子計算機
電子レンジ
通信
簡易無線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic