通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物学 > 遺伝学 > 核酸・遺伝子
mRNA
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:エム-アーエンエイ
外語:mRNA: messenger RNA
品詞:名詞

メッセンジャーRNA、伝令RNA。DNA蛋白質の中継役を担うRNA

目次
概要

DNAから蛋白質を作るためには、まずその遺伝情報をRNAに複写する必要がある。このとき、遺伝情報が複写されるRNAをmRNAという。

DNAの二本鎖のうちのどちらか一方の鎖からだけ遺伝情報が読み取られてmRNAが作られる。このDNA→RNAを転写(Transcription)と呼び、mRNAの指令に従い蛋白質を作ることを翻訳(Translation)という。

特徴
転写

転写は塩基の暗号文字がA-T(U)、C-Gの相補的な関係に基づき、mRNAに読み取られる。例えばDNAの暗号が「AGCTCGAT」なら、転写によってmRNAの塩基配列は「UCGAGCUA」になる。

実際に転写される遺伝子は、ゲノム全体から見るとごく僅かだけである。またDNAとmRNAの情報は一対一で対応するわけではなく、mRNAに対応する情報はDNA中に飛び飛びで存在している。

翻訳前

そこで、転写されたmRNAは蛋白質に翻訳される部分(エクソン)とそれ以外の部分(イントロン)に分けられ、イントロンは切り落とされる。

その後、蛋白質合成に必要な遺伝子をつなぎ合わせ(スプライシング)て核の外に出る。これがtRNAに渡されて蛋白質が合成されることになる。

リンク
用語の所属
RNA
該当する用語
イントロン
エクソン
関連する用語
DNA
tRNA
蛋白質
翻訳
転写

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic