通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 創作世界・ファンタジー
ホビット
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:ホビット
外語:hobbit
品詞:名詞

ファンタジー世界の生物。J.R.R.トールキンの創作による妖精で、"ホビットの冒険" や "指輪物語" に登場する。

体形は人間と同じだが身長が2フィートから4フィート(約60cm〜120cm)の間で、指が長く、丸々した陽気な顔つきで、靴は履かず足首より下は毛皮で覆われている。また、すばしこくて気配を消すことに長けている。

人間からの亜種であり、好み等が人間と似ているため共存できる。またホビットと人間を対比して、"小さい人"、"大きい人" などと呼ばれるのもそのためである。

ホビットという名は、ロヒアリム語で "穴に住む者" を意味する "ホルビトラン(holbytlan)" から来たものである。

リンク
関連する用語
ファンタジー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic