通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
社会科学 > 経済・ビジネス
ロジャーズの普及モデル
辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:ロジャーズのふきゅうモデル
品詞:名詞

エベレット・M・ロジャーズ(Everett M. Rogers)が提唱した、普及学の基礎理論。

目次
概要

ロジャーズの普及モデルによると、採用時期に応じて、採用者は5つのカテゴリーに区分できる。

  1. イノベーター (革新的採用者)
  2. アーリーアダプター (初期採用者)
  3. アーリーマジョリティ (初期多数採用者)
  4. レイトマジョリティ (後期多数採用者)
  5. ラガード (採用遅滞者)
特徴
クラックとキャズム

マーケティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーア(Geoffrey A. Moore)は、これにさらに「キャズム理論」を提唱した。

ムーアいわく、ハイテク製品というものは利用者の行動様式に変化を強いる。このため、この5つのカテゴリーの間にはそれぞれクラック(断絶)が存在すると主張した。

その中でも特に、アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間には「深く大きな溝」があるとし、これを「キャズム」とした。

キャズム越え

製品を最初に導入するのは、自らを「人柱」と称する初期導入者で、イノベーターとアーリーアダプターである。

ムーアの理論では、この層の間に普及した段階(普及率にして16%超)で、技術や流行は急速に広がりを見せるとされる。これをキャズム越え(キャズム超え)という。

従って普及させるためには、イノベーターとアーリーアダプターへのアピールが重要である、とされる。ここで一定の普及を見せない場合は、仕様変更なども含めて再検討が必要となる。

リンク
関連する用語
キャズム
キャズム越え

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic