通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 天皇・皇后・皇族 > 初代〜10代(神武〜崇神)
媛蹈鞴五十鈴媛命
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ヒメタタライスズヒメノミコト
品詞:名

第一代皇后陛下。第一代天皇である神武天皇の皇后であり第二妃。この名は日本書紀による名であり、古事記では富登多多良伊須須岐比売命(ホトタタライススキヒメノミコト)や比売多多良伊須気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ)と書かれている。

古事記では、本来は富登多多良伊須須岐比売(ホトタタライススキヒメ)という名前だったが、「ほと」(陰部)の名を嫌って比売多多良伊須気余理比売に改めた、とされている。

母親は三島溝杭姫(ミシマノミゾクイヒメ)で確定しているが、父親に関しては二説あり、事代主神説と大物主神説がある。古事記では大物主神説が書かれ、日本書紀では、神武天皇の巻では事代主神説、神代上の巻では両論併記されている。

現在の研究では事代主神が正しいとするのが有力なようである。

リンク
用語の所属
日本神話
神道
関連する神
三島溝杭姫
神武天皇
事代主神
大物主神
関連する用語
古事記

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic