通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 地理・世界観 > 大八島国
建日向日豊久士比泥別
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:タケヒムカヒトヨクジヒネワケ
品詞:その他地名

大八島国の一つ筑紫島(ツクシノシマ)、すなわち九州は、体は一つで顔が四つある。そのうち三番目の顔、肥国(ひのくに)を建日向日豊久士比泥という。

建日向日豊久士比泥別は、勇猛で、太陽に向かう、太陽の光りが豊で、奇妙霊妙な力のある男、を表わす。

肥国とは肥前国と肥後国に分かれる前の国名であり、現在の熊本県の北部と佐賀県・長崎県に相当する。

リンク
用語の所属
日本神話
大八島国
筑紫島

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic