通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > アジア > 仏教 > 用語 > 十号
応供
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:おうぐ
外語:Arhat
品詞:名詞

に対する尊称の一つ。阿羅漢ともいう。

応供とは、悟りを開き、供養に値する者をいう。

同等の尊称に、如来(にょらい)、正〓知((しょうへんち)、明行足(みょうぎょうそく)、善逝(ぜんぜい)、世間解(せけんげ)、無上士(むじょうじ)、調御丈夫(じょうごじょうぶ)、天人師(てんにんし)、世尊(せそん)などがあり、これらをあわせて仏の十号または如来の十号という。

リンク
用語の所属
仏教
十号
関連する用語

如来
正〓知
明行足
善逝
世間解
無上士
調御丈夫
天人師
世尊

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic