通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 分類
産土神
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:うぶすなのかみ
品詞:名詞

その人や、その一族が生まれた土地の守り

概要

ウブスナとは、スナ(土)を産み出す神を意味し、大地そのほか万物を産み出し、そしてその土地を守る神をいう。

神道においては、その産土神が守る土地の人間一人一人に、生まれた時に体に魂込めをすると考えられている。故に、その地の人に最も親密で近しい神様であるとされている。

後になって氏神と混同されるが、これは氏神が本来族縁の神だったものが地縁の神へ変化したことを受けたものである。

リンク
用語の所属
神 (神道)
神社
関連する用語
氏神
鎮守神

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic