通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > アジア > 仏教 > 用語 > 規律・戒め・教え > 十二因縁
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:そく
品詞:名詞

十二因縁の第六。觸。感覚器官。

六処に至りこの世に生まれてから後、次第に身体の感覚器官が発達してくる。そして発達した状態を触という。赤ん坊は成長し、やがて母親や父親が認識できるようになる。感覚器官の発達に伴いとなる。

リンク
用語の所属
仏教
十二因縁
関連する用語
六処


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic