通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音律・音程
音階
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:おんかい
品詞:名詞

1オクターブの中に、一定の音を一定間隔で並べたもの。

目次
概要

音階は国や時代により様々なものがある。

現在、世界中で一般的に使われている音階は、全音階、半音階、五音音階の三種類があり、「ドレミファソラシド」で一般的な音階は「全音階」である。

また、1オクターブをどのように分けて音階を割り当てるかを、「音律」という。

特徴
全音階

七音音階

1オクターブに7音を並べた音階を全音階という。東アジアの五音音階に対して七音音階ともいう。

全音階にも様々な方法が考え得るが、特に全音程5つ、半音程2つを含むものを、こう呼ぶことが多い。


長音階・短音階

音階の始まりの音を「主音」と呼ぶ。

そして、長調であるものを長音階短調であるものを短音階という。

例えば、ドを主音に、全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音の順番の音階「ドレミファソラシド」は、ハ長調(C Major Key)の音階(Scale)と呼ばれる。


全音と半音

ドレミファソラシドなど全音階の場合、音と音の間隔は等間隔ではなく、全音と半音が組み合わされている。

ド‐(全音)‐レ‐(全音)‐ミ‐(半音)‐ファ‐(全音)‐ソ‐(全音)‐ラ‐(全音)‐シ‐(半音)‐ド

半音階

半音階は、隣り合う音の音程が、全て半音であるものをいう。

五音音階

東アジア、東南アジアを中心に見られる音階で、1オクターブに5音が含まれるもの。西洋の七音音階に対応させ、このように呼ばれるようになった。

日本でも「琉球音階」として見ることができる。

琉球音階は、七音音階に対応させると、C・D♭・E♭・G・A♭、となるとされる。

リンク
関連する用語
音律
主音
音名
階名

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic