通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 中国地方 > 岡山
岡山自動車道
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・本州編 (EWHM)
読み:おかやまじどうしゃどう
外語:Okayama Expressway
品詞:固有名詞

岡山県岡山市を起点に、総社市を経由して真庭市に至る高速自動車国道。通称岡山道

中国・四国を南北に結ぶ地域連携軸「中四さんかいライン」の一部を構成する。

目次
道路の情報
起点・終点
法定路線名
沿革
建設計画

当初、岡山IC〜岡山総社ICは山陽自動車道の一部であったが、岡山総社IC〜北房JCTまでの開通に伴い岡山自動車道内に編入された。

往復4車線だが暫定2車線区間が長く、暫定区間は対面通行となっている。加えてオービスまである。

地元民の使えない道路

元々は国道53号のバイパスとして計画されたようだが、岡山県出身の大物政治家・橋本龍太郎の力により、道路計画は大幅に西に移動させられたらしい。

この道路が、岡山と、津川ないし落合と結ぶと良かったと県民の多くは感じているらしい。しかし、橋龍の尽力で彼の出身倉敷と岡山の中間地点の総社から、最短距離で県北に伸びる道路となった。

このため岡山市民が県北に行くためには使えず、米子や鳥取まで行くにも遠まわりと、まことに使いにくい道路となってしまった。

インターチェンジなど

具体的なIC等は次のとおり。

リンク
道路の所属
高速自動車国道
経由する自治体等
総社市

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic