通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 主要地方道
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 一般県道
用田バイパス
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:ようだバイパス
外語:Yo^da bypass
品詞:固有名詞

神奈川県藤沢市用田の細い路地の代替として作られた、神奈川県道22号横浜伊勢原線のバイパスの一つ。

目次
道路の情報
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名
建設計画

この県道は神奈川県の重要な主要幹線道路であるが、藤沢市北部の工業地域は車線が不足気味で特に渋滞が激しく、沿線住民の生活環境にも多大な影響を与えていた。

そこで道路状況の改善を目的に、現道の北に往復4車線のバイパスが計画された。これが用田バイパスである。

沿革
道路の状況
由来

バイパスはいすゞ自動車北門前で現道と別れ、新用田辻交差点で中原街道と交差し、終点の市境で現道に接続される。

完成後は、バイパス区間は産業関係の車や通過車両用となり、現道は地域の車が行き交う生活道路となる予定。

現在は、新用田辻交差点までが暫定2車線で供用されている。

計画

道路区間は大きく次の三つに分けられており、うちバイパスは二つの区間に分けられている。


現道拡幅区間(L=660m)

現道拡幅区間はいすゞ自動車正門前〜いすゞ自動車北門前である。

計画幅員18.0mで拡幅工事中である。


バイパスI期区間(L=2.68km)

バイパスI期区間はいすゞ自動車北門前〜新用田辻交差点で、計画幅員18.0m〜25.0m。

2005(平成17)年5月17日に暫定二車線で供用を開始した。

道路の幅員自体は4車線あるが、丁寧にガードレールで往復1車線分を潰してある。


バイパスII期区間(L=820m)

バイパスII期区間は新用田辻交差点〜海老名市境で、計画幅員25.0m。

この区間も暫定二車線での供用が予定されている。

道路の特徴
接続する主な道路
旧道
沿道施設、観光地等

特になし。

道の駅

道の駅はない。

主な橋

はない。

主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体
神奈川県
藤沢市
リンク
用語の所属
主要幹線道路
神奈川県道22号横浜伊勢原線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic