通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
運輸 > 航空 > 民間航空用語
4レターコード
辞書:国土用語の基礎知識 民間航空編 (EACIVIL)
読み:フォーレターコード
品詞:名詞

ICAOが定める、空港を表わすアルファベット4文字の略語。主に航空管制やフライトプラン提出などで使われる。

目次
概要

前の2文字が飛行情報区(FIR)ごとに決められ、後の2文字は各国からの申請により決定される。ただし、アメリカのように広大な国の場合、固定1文字+任意3文字で割り当てる地域もある。

日本においては、全空港および一部の飛行場に割り当てられている。コードは、沖縄などでは'RO'、それ以外では'RJ'で始まる。

日本での例

大都市に近い重要な空港(新千歳・成田国際・東京国際・中部国際・名古屋・大阪国際・関西国際・福岡)では、後の2文字に同じアルファベット2つを与えている。例えば、東京国際空港はRJTTと呼ぶ。

それ以外の飛行場では、3文字目をおおよそ地域ごとに割り当てている。ただし、時代によって割り当てる記号が変わったりするので、同一地域内でも数種類が混在する。最後1文字は、地名に由来する文字を用いることが多い。例えば、釧路空港はRJCKと呼ぶ。

関連

同様に空港を表わす記号としてIATA3レターコードが存在するが、これは個々の空港以外にもコードを割り当てている。

また、一部空港ではコードがなく、同じコードを重複利用している空港もある。しかし、航空券など一般人の目に付くところでは、民間主導である3レターコードのほうが多く用いられる。

リンク
関連する用語
3レターコード (空港)
3レターコード (航空会社)
ICAO

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic