通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > アニメ > 作品タイトル > 分野 > ファンタジー
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > アニメ > 作品タイトル > 分野 > ジブリ
となりのトトロ
辞書:萌色用語の基礎知識 アニメ題名編 (OATITLE)
読み:となりのトトロ
品詞:固有名詞

1988(昭和63)年。徳間書店、監督・原作・脚本/宮崎駿、作画/佐藤好春、美術/男鹿和雄、声の出演/日高のり子坂本千夏、糸井重里ほか。

昭和30年代の関東近郊の農村・松郷(まつごう)を舞台に、幼い姉妹ともののけ "トトロ" 達との交流を描いたファンタジー。子供から大人まで幅広い支持を得た。

作品の舞台のモデルは埼玉県所沢市近郊で、"松郷" という地名も所沢市に存在する。ちなみに、はじめは "所沢のオバケ" という題名だった。この所沢(ところざわ)を宮崎監督の知り合いの小さな女の子が舌足らずに"ととろざわ" と言ったことから "トトロ" というもののけの名前を思いついたらしい。また、北欧神話の "トロル" の訛りであるとも、とろとろといつも眠そうにしているから、ともいわれている。

主人公、草壁サツキ(CVは日高のり子)に萌える逸般人が多く出現した。サツキの父の "とうさん" こと草壁タツオ(CVは糸井重里)のモデルは考古学者の藤森栄一だと言われており、作中でも "縄文農耕説" (縄文時代に農業が行なわれていたという説)を執筆している姿が描かれている。

人間大サイズの巨大トトロヌイグルミは10万円もした。子にねだられた親で、実際に子に買い与えた人が何人いるのか、それは誰も知らない。

リンク
関連する用語
宮崎駿
アニメ
銅鐸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic