通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ソフトウェアと関連する語 > ジャンル別 > RPG > ドラゴンクエスト
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:ドラゴンクエスト-セブン-エデンのせんしたち
外語:DQ7: DRAGON QUEST VII
品詞:商品名

エニックス(現スクウェア・エニックス)により2000(平成12)年8月26日に発売された、ドラゴンクエストの七作目。

目次
動作機種

オリジナルの動作機種はPlayStation。出荷本数は約412万本で、シリーズとして400万本に達したのはこれが初であるのみならず、PlayStation用ソフトとしても歴代第一位の出荷本数を記録することとなった。

媒体はCD-ROM 2枚組で、セーブ方式は外部メモリー。希望小売価格は7,800円(税込8,190円)で、媒体がCDとなったことでようやく価格を下げることができたようだ。

作品の特徴

PlayStation初のドラゴンクエストということで、業界の政治的動向なども含めて注目された。

開発は前作ドラゴンクエストVI 幻の大地と同様にハートビート・アルテピアッツァであるが、この作品には妙なバグが多く、絶対にクリアできなくなるトラップまで存在するなどの爆弾を持っている。

マップシステムの特徴

PlayStation用ということで、シリーズとして初めてフィールドに3Dマップを採用した。

町などの中は2Dマップであるが、この場合でも自分を中心にマップを回転することが可能で、見えない場所にあるアイテムや建物の入口も回せば見える、といったことが特徴。しかし明らかに面倒であり、どうにも不評であった。

リンク
所属シリーズ
ドラゴンクエスト (シリーズ)
稼働機種
PlayStation
メーカー
エニックス
スクウェア・エニックス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic